« December 2004 | Main | February 2005 »

January 30, 2005

実録!技カードが出来るまで!!

技カードなどを作成する場合、以下のようにして作成しています。

 先ず、アニメや漫画をじっくり読み直しし、どういうシュチュエーションで使用されたか検討します。そして技がどんな属性に分類されるか、どれぐらいの威力と特殊能力が妥当かを検討しています。

 どういう強さのキャラがその技を使用していたか、が目安となります。
 やはり黄金聖闘士が使用した技や、黄金聖闘士を倒したキャラが使用した技などは、必然、レベルや威力、特殊能力が強い、優れたものになっていく傾向になります。

 メジャーな技は検討が容易ですが、マイナーな技、名前などがセイント大全等の資料本に出ているだけの技などは非常に苦労します。

 以下は、技を作成する上で、ベースルールを制定しなければならなくなった、という稀な例です。

■デストラップ・コーラル
■アント・ヘル・ホール

card_anthellcard_deathtrap 

 デストラップ・コーラルは、ポセイドンサイドのマーメイドの海闘士、テティスの使用した技です。原作では出てきませんでしたが、アニメの方で使用されていました。
 使用者(テティス)が敵(星矢たち)を罠に誘い込み、踏み込んできた敵に死の珊瑚を身体に付着させ、固めて相手を倒してしまおう、という技のようでした。

 罠を使用するイコールプロットが必要、ということで「近距離」でいいでしょう。
テティスが主人公達に追われた際使用した、ということで「反撃技」ということにします。
しかし、罠ですから、罠技で攻撃、というのもおかしな話なので「反撃専用」にしました。
防具の上から珊瑚が身体を蔽っていくので、防具が使用できない「防具不可」が妥当です。
体が珊瑚に覆われ、動けなくなってしまっているので、「停止技」ということになります。
限定使用しか出来ないということですので、停止チェックは少々きつくてもいい、-2ぐらいが適当でしょう。

 この技を忠実に再現するしようとした際、ネックとなったのが、下敷きとなった「星矢の拳」では、技を使用するタイミングが明確化されていないことでした。戦闘フェイズという考え方はまだ無かったのです。
我々が「星矢の拳」をプレイしていた12年程前は、「ルールに無いことは、プレイヤー同士が話し合って解決する」という暗黙のルール(ローカルルール)の元でプレイしていました。

 カードには「敵踏み込み使用時のみ使用可」とありましたが、使用タイミングということも定まっていなかったので
反撃技やイベントカードやアクションカードを使用する際、よくもめたものです。

「星矢の拳Millenium Edition」を作成するにあたり、このようなことが発生しないようにしなければいけない、ということで、デストラップ・コーラルやアント・ヘル・ホールは「オーディン・ポセイドン編(追加セット1)」や「ハーデス編(追加セット2)」に初めて登場しますが、ルールの根幹にかかわってくることは「黄金十二宮編(基本セット)」で解決しておかないといけません。

 そこで我々は当時流行っていた「Magic: The Gathering」などのカードゲームより、フェイズという考え方を借りてきました。
カードゲームで遊ぶ人たちにある程度広まっている考えを導入することで受け入れられやすくなるだろうと考えたのです。

 ゲーム進行の単位としてフェイズという区切りを導入し、復帰、ドロー、防具、メイン、手札調整というフェイズの区切りを決め、戦闘でも、攻撃宣言、距離の調節、技宣言、技レベルチェック、戦闘ダメージの解決という区切りをしっかりしたことで、デストラップ・コーラルの使用出来るタイミングも決まりました。
自分と敵との間にある場合にのみ使用出来、距離の調節フェーズに敵が踏み込みを使用してくる(距離をつめる)と
罠が発動、ということにしました。
敵が沢山の技をプロットしている時、こちらに反撃の手段、信頼できる防具が無ければ、距離を取っておくのも戦術として有効です。、敵がどうしてもプロットしている技をこちらに叩き込みたい、という場合、必然的に距離をつめてくる(踏み込みを使用)でしょうから。

 アント・ヘル・ホールは外典技──原作にもアニメにも登場はしていないが、オフィシャルのムックなどの書籍には
明記されている技──です。
天醜星デッドリービートルの冥闘士スタンドが使用した、とされる技です。
デッドリービートル、や天醜星からは技のイメージは伝わってきませんが、アント・ヘル・ホールという名前から、多分蟻地獄を直訳したんだろうことがうかがえます。
蟻地獄もすり鉢状の罠をつくり、そこへ落ちてきた虫を捕食しますから、やはりデストラップ・コーラルと同系統の技と予想しました。そのため、近距離の反撃専用技になっています。
ただ、デストラップ・コーラルと違って技のビジュアルがありませんから、停止や防具付加などといった特殊な追加効果はつけませんでした。

 最後に技使用時に使われていたフレーバー(台詞など)を抜き出して完成です。

 以上、2例を挙げて技カードを作成する際の流れを書いてみました。

文責 しきしまひろたか。


 次回は星矢の拳プロジェクトの教主こと、cerberus氏の登場です。
 どうぞお楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2005

川口浩探検隊!!

 現在、30代前後の男性であれば、川口浩探検隊を観たことがない人はいないんじゃないでしょうか。
 もちろん僕も、小学生~中学生の頃、放送があるたびにテレビに張り付いていたものです。
 彼らが訪れるジャングルの奥地、絶海の孤島、恐るべき未確認生物……それら驚くべき出来事に、手に汗握って興奮していたのを覚えています。
 そんな川口浩探検隊が、なんとDVDボックスとして発売されたのです!!
 男だったら、何も言わずに買うでしょう、普通。
 僕も、当然のように買いましたよ。それも、探検隊の制服が付いてくる限定版の方を!!
 もう、箱を手にしている段階から、期待感は絶頂に達しています。
 あの大蛇が、幻の類人猿が、恐るべき怪鳥が、僕の目の前によみがえるのです!!
 どんなゲームを買ったときでも、これほどワクワクしたことはありません。
 ビニールを破るのももどかしく、ディスクをプレイヤーにつっこんで、再生ボタンを押しました。
 そして!


 …………
 …………
 …………
 
 思い出って、美しい記憶として心の中にだけ残しておくのが、一番幸せなんですね……orz


PS:いや、面白いのは面白いんですよ。
   ただ、大人になると、子供の頃には気づかなかったイヤなものにも気づいてしまうなぁ、と。

 ブラック・A・大魔王

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2005

ヘラクレスの栄光対象リスト 2005.1.28

ExSET1のマニュアルで、ヘラクレス星座のアルゲティの特殊能力「ヘラクレスの栄光」の対象となる特殊能力をFAQとしてリストアップしました。
あれから3年、追加セットも3つ増え、対象となる特殊能力も増えたため、現時点でのリストを公開します。

基本セット
紫龍 :龍の誇り、龍の右拳
瞬 :仏説の兎
一輝 :不死鳥
バベル          :鬼火
モーゼス   :モビー・ディック
アステリオン :サトリ、猟犬の鼻
ジャミアン   :カラス軍団、聖域の餓鬼大将
ダンテ :地獄の番犬
アルゴル   :メデュサの呪詛、ステンノの憤怒、エウリュアレの嘲笑
シリウス   :巨犬の牙
ディオ :銀蝿
アルデバラン :黄金の野牛
アイオリア  :黄金の獅子、獅子の誇り、獅子の怒り、獅子の癒し
暗黒ドラゴン :伏龍
邪武 :この邪武が馬になります
檄 :熊殺し
暗黒フェニックス     :俺こそ真のフェニックス
ガイスト    :ファントム攻撃
シーサーペント :サイドワインダー、大海蛇変化
ドルフィン   :いるか様、毒眼虫
クラッグ    :吸血蝙蝠
アラクネ    :蜘蛛の糸、毒蜘蛛の牙、毒蜘蛛の網
王虎 :戦う鬼神

ExSET1 デュカリオンの洪水
紫龍ver2   :背中の昇龍、龍の右拳
ジークフリード :龍殺しの勇者
ハーゲン   :北欧の荒くれ馬、恋の当て馬
フェンリル   :北の人食い狼、狼の支援、狼の犠牲
バイアン   :北大西洋の荒くれ馬
イオ :聖獣使い
アイザック  :北氷洋の怪物
テティス    :人魚姫

ExSET2 魔星復活!
紫龍ver3   :龍の右拳
一輝ver3   :鳳凰の幻影
ムウver2   :白羊宮の黄金聖闘士、天翔ける黄金の羊
アルデバランver2    :金牛宮の黄金聖闘士、黄金の野牛
アイオリアver2 :獅子宮の黄金聖闘士、獅子の誇り、黄金の獅子、獅子の癒し、眠れる獅子が怒りに目覚めた
童虎ver2   :猛虎の刺青
ミロver2          :天蠍宮の黄金聖闘士
シオン :白羊宮の黄金聖闘士
デスマスクver2 :巨蟹宮の黄金聖闘士
シュラver2  :磨羯宮の黄金聖闘士
アフロディーテver2   :双魚宮の黄金聖闘士
キューブ   :首なし騎士
オクス :ゴーゴンの息吹
ライミ :再生するワーム、地底のミミズ
ミュー(第一形態)    :進化する魔物
ミュー(第3形態) :異界の蝶、フェアリーの監視
スタンド    :甲虫の外殻
バレンタイン :魔鳥の鳴き声、妖鳥の羽ばたき
ゴードン    :双斧の獣人
フレギアス  :リュカオンの牙、魔獣の咆哮
ラダマンティス :猛き翼龍
ミーノス    :高貴なる魔獣
アイアコス  :雄々しき神鷲

ExSET3 
紫龍ver4   :背中の昇龍
ジャガー   :亡霊聖闘士
クライスト   :亡霊聖闘士
オルフェウス :亡霊聖闘士
ヤン :亡霊聖闘士
魔矢 :亡霊聖闘士
ロキ :不敵な餓狼
アトラス    :大地を支える巨人
ジャオウ   :灼熱の獣
デスマスクver3 :巨蟹宮の黄金聖闘士
シュラver3  :磨羯宮の黄金聖闘士
アフロディーテver3   :双魚宮の黄金聖闘士
ベルゼバブ        :鬼面の天馬
アシタロト   :血に飢えた牙をもつ毒蛇、双頭の白蛇王、毒蛇の牙
エリゴル   :恐るべき黄金のカマキリ
アルゴルver2 :メデュサの偽盾、ゴルゴンの悲鳴
ダンテver2        :アンデッドライン、魔獣の咆哮
ディオスver2 :銀蝿
シリウスver2 :孤狼の牙

ExSET ZEUS 新たなる創世の紀
紫龍verZ   :昇龍
一輝verZ   :鳳凰の羽ばたき
ムウverZ   :白羊宮の黄金聖闘士
アイオリアverZ :獅子宮の黄金聖闘士、獅子の覚悟、獅子奮迅
ミロverZ :天蠍宮の黄金聖闘士
テ=レスverZ :死の木霊
ロゼverZ   :天馬の守護者
アトラスverZ :天空を支える巨人
ベラミスverZ :大翼竜の羽ばたき
ユリシーズverZ :トロイの木馬
ギルティーverZ :龍食い、カルラ舞う

(C.M)

○2005.1.28追記
掲示板でのtaku_n様からのご指摘により、バベルの「鬼火」を追加しました。
まだこれはどうよ、というものがあれば掲示板やこのBLOGのコメント欄などでご指摘いただければ幸いです。
(cerberus)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2005

アイオリアよ、あなたは強かった

 こんにちは。
 星矢の拳プロジェクトの魂の狩人、ブラック大魔王です。
 とりあえず、考えつくままに、とりとめのない話をしていくつもりです。
 文章中、日本語のおかしいところや、人としてどうかというところも多々あると思いますが、生暖かい目で見守っていただけると幸いです。

 ……ということで、本題です。
 黄金の獅子ことレオのアイオリアのことは、もちろん皆さんご存じでしょう。
 かつては、「筋肉バカ」「口より先に手が出る男」「光速の動きがあるならシャイナが飛び出してきてからでも拳を止められるだろ!」……等々、どちらかといえば体力だけでオツムの足りないキャラクターとして扱われることの多かった彼です、ええ。
 そんなアイオリアも最近、「エピソードG(以下、エピG)」の連載によって、トラウマ持ちの悩み深きキャラクターだったことが明らかにされたりと、主人公としてイメチェンしつつあります。
 そんな彼には、星矢の拳の製作初期、こんなエピソード(Gじゃないよ)がありました。

 星矢の拳ベーシックセット制作時にはエピGは影も形もなく、あくまで車田先生の描いた本編及びアニメの情報でキャラクターを作成していました。
 黄金聖闘士は全12人ですが、その大半はキャラクターレベルが6で、7レベル以上は4人しかいません。
 童虎が8レベル、サガも8レベル、アイオロスが7レベル、そしてアイオリアが7レベル。
 シャカのみ「目を開いて溜めていた小宇宙を爆発させる」という特殊能力で8レベルに上昇し凶悪な強さを発揮できるものの、その他は全員6レベルで、これが黄金聖闘士の強さの基準でした。
 ここで、よく聞かれた質問が、アルデバランやデスマスクはともかく(ファンの方、失礼)、ムウやカミュ、シュラも6レベルなのに、どうしてアイオリアは7レベルなの? というものでした。

 童虎が強いのは分かる。なにせ、唯一の前大戦からの生き残りだから。
 サガも、12宮編のラスボスになったほどの男だから分かる。
 アイオロスは、そのサガのライバルと目された男。
 シャカも、最も神に近い男と呼ばれており、納得はできる。
 では、アイオリアは?

 実際、アイオリアのランクについてはファンの間でも意見が別れるところです。
 本編では最初の方、雑兵の鎧を身につけた、ただの兄ちゃんとして登場してくるし、アニメでは白銀聖闘士のアルゴルにまで「余計なことをするな」と叱られるありさま。
 他にも、目を閉じたままのシャカと互角だったり。

 しかし、星拳プロジェクト内では「他の黄金聖闘士よりも一枚上」で意見が一致していました。
 確かにいささか抜けたところもありますが、「光速の動き」を最も体現した聖闘士であること(ライトニングプラズマ)、何だかんだでシャカに次いで多くの外敵を倒していること、直情径行ながら正義を貫こうとする性格、などなど。
 本編の主人公は星矢たち青銅聖闘士ですが、もし黄金聖闘士の中で一番「黄金聖闘士らしいキャラクター」を選ぶとすれば、アイオリアだろう……と考えていました。

 やがて星矢人気が再燃し、チャンピオンRED誌上でエピソードGが連載を開始したとき、「黄金聖闘士たちの過去の話なら、主人公はアイオリアしかいないだろう」と思った我々の予想は当たり、同時に「やはりアイオリアを強くしたのは間違いではなかった」と確信しました。
 まあ、現在(本編)よりも昔(エピG)の方が強そうなのはどうかと思わないでもないですが……

 とにかく、ようやく時代が星拳プロジェクトに追いついてきた(偉そうでごめんなさい)今、声を大にしてあのとき質問した人々に言えます。
 やっぱり、アイオリアは強かったでしょう、と。


PS:ハーデス編OVAのアイオリアはちょっとアレですが……
  あれは観なかったということで、ひとつ。


文責 ブラック・F・大魔王


 次回は星矢の拳プロジェクトの参謀長こと、C.M.氏の登場です。
 どうぞお楽しみに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 11, 2005

新年の挨拶

 皆さん、明けましておめでとうございます(遅い?)。
 旧年中は星拳プロジェクトに温かいご支援をいただきまして、まことにありがとうございます。
 プロジェクト一同ますます鋭意努力していく所存でおりますので、本年もどうぞよろしくお願いします。

 さて、今年の更なる発展を目標とする星拳プロジェクトですが、2005年度・第1回星拳会議の席上において、「Webサイトの強化」が議題のひとつとして提案されました。
 その結果、まずは定期的なコンテンツの提供を行うことになりました。
 今後、星拳ブログ上にて、毎週土曜日を更新日として、コラム等の記事を連載していくことになりました。
 もちろん、その他イベント情報、創作物報告なども、適時アップされます。

 第1回の連載は、今週土曜日(15日)からスタートします。
 執筆メンバーは週替わりで、聖闘士星矢の原作・アニメの話題、星矢の拳の製作秘話など、盛りだくさんな内容でお送りしますので、どうぞお楽しみに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »